【弥生賞 予想 2012 穴馬データ分析】

【弥生賞2012 中山2000M 芝・右】 【弥生賞有力穴馬データ分析】 【弥生賞2012有力穴馬情報】 【アーデント】 ディープインパクト産駒。京成杯4着は約3ヶ月の休み明けで若干太かったが、叩かれて上昇気配。先行して粘り強い末脚が使える。スタートを順調に出来れば着は十分狙える実力がある。 【コスモオオゾラ】 ロージズインメイ産駒。共同通信杯5着。葉牡丹賞(弥生賞と同コース中山2千M)を勝利しておりコース適性は証明済。先行しての決め手がある。 【ソルレヴァンテ】 キングカメハメハ産駒。中山コースを1勝2着1回と経験したことは大きい。後藤騎手は騎乗を願い出る程この馬の実力を認めている。今後の活躍が注目される。 【ジョングルール】 ディープインパクト産駒。前走は中団から33秒5末脚で3馬身差の圧勝で器の大きさを示した。中山2千も経験しているが、直線が長いコースが合っている。 【フェノーメノ】 ステイゴールド産駒。前走は2馬身差で勝利。心肺機能が高く先行しての決め手がある。中山コースの経験が弥生賞で活かされるだろう。 【3連単6点勝負のトップページへ】

続きを読む

【弥生賞 予想 2012 本命馬データ分析】

【弥生賞2012 中山2000M 芝・右】 【弥生賞有力本命馬データ分析】 【弥生賞2012有力本命馬情報】 【アダムスピーク】 ディープインパクト産駒。2戦2勝。ラジオNIKKEI杯2歳Sは、4角5番手から最速上がりで1馬身半差をつけての勝利は潜在能力が高いことを示している。先行して決め手があるので中山コースで懸念は少ない。注目される。 【ベストディール】 ディープインパクト産駒。京成杯は3角9番手から追い込み34秒5の末脚で差して勝利。スタミナが豊富なので長くいい脚が使える。また自在性があるのでどんな展開対応できる能力がある。 【メイショウカドマツ】 ダイワメジャー産駒。寒竹賞(中山2千米)は逃げで勝利した。若干かかり気味な点があるので2・3番手で競馬ができるようになれば切れ味が出てくる。晩成型の雰囲気がある。 【サイレントサタデー】 シンボリクリスエス産駒。福寿草特別は10番人気で自分のペースで逃げ切り勝利。早い流れになると厳しいがスローペースになれば1発の可能性もあるだろう。展開次第なので狙いにくい。 【クラレント】 ダンスインザダーク産駒特有の京都コースで潜在能力を最大限発揮するタイプの可能性があり菊花賞で本領発揮か・・。前走朝日FSから400Mの距離延長は好材料になる。 【3連単6点勝負のトップページへ】

続きを読む

予想【阪急杯 2012 有力穴馬5頭データ分析】

【阪急杯2012 阪神1400M 芝・右】 【阪急杯2012有力穴馬データ分析】 【阪急杯 2012 有力穴馬情報】 【エーシンリジル】 スプリンターズSは10着でG1で通用する実力はないが、G3では実力馬と互角に走る能力は十分にあるが、200Mの距離延長はやや懸念される。 【トウカイミステリー】 スプリンターズSで9着に敗れたが、メンバー中最速上がり33秒7の末脚は強烈だった。約5か月の休み明けになるが、休み明けを苦にしないタイプなので心配ない。差し馬で展開が嵌まれば1発あることも想定したがいい。 【キョウワマグナム】 550キロを超える大型馬で冬場のレースは厳しい面があるが、当日530キロ台まで絞り込みが出来ていたら注意が必要。 【マジンプロスパー】 昨年は4勝して実力がついてきた。シルクロードSは休養明けで太かった。叩き良化型で叩き2走目は好走する傾向にある。人気薄になれば3連複の軸で狙いたくなる馬だ。 【マルカフェニックス】 重賞2勝馬だが1年4か月のブランクは大きい。普通に考えれば馬券の対象外。後は調教次第になる。 【3連単6点勝負のトップページへ】

続きを読む