予想【阪急杯 2012 有力本命馬5頭データ分析】

【阪急杯2012 阪神1400M 芝・右】 【阪急杯2012有力本命馬データ分析】 【阪急杯 2012 有力本命馬情報】 【サンカルロ】 阪急杯と同コース開催の昨年の阪急杯、阪神カップを優勝、コース適正は群を抜いている。決め手はあるが差し馬なので展開に左右されることがやや懸念される。 【ガルボ】 東京新聞杯を先行して33秒6の末脚で差して勝利は馬体が充実していることを示している。前走から距離短縮になるが昨年の阪急杯2着とコース適正も証明済だ。注目される。 【エーシンリターンズ】 京都牝馬ステークスは約6か月半ぶりの休み明けの9着を叩かれて上積みが見込める。先行して一瞬の切れ味がある。阪神コースでの複勝率は100%で好相性だ。 【オセアニアボス】 阪神コースは13走して複勝率84.6%。33秒台に末脚があるので、折り合いに専念して脚を温存できれば馬券に絡む確立は高くなる。 【スプリングサンダー】 阪神芝1400Mで3勝と阪急杯での適性が高い。阪神牝馬Sが3着で重賞でも通用する実力がある。33秒台の末脚があるが差し馬で展開の影響を受けやすことが懸念される。 ★馬体良化気配の本命馬は?★  【阪急杯激走本命馬は】⇒ 結果3着【サンカルロ】  【3連単6点勝負のトップページへ】

続きを読む

予想【中山記念2012有力穴馬データ分析】

【中山記念2012 中山1800M 芝・右】 【中山記念2012有力穴馬データ分析】 【中山記念 2012 有力穴馬情報】 【アクシオン】 中山金杯は、馬体重14キロ増加は、乗り込み不足が原因で太目だった。今回は叩き2走目で上積みが見込める。小回りコース巧者で注意が必要。 【フィフスペトル】 マイルチャンピオンSは、優勝馬エイシンアポロンとタイム差なしの2着。中山コース3勝の中山巧者、先行力と決め手があるので心配ない。 【レッドデイヴィス】 鳴尾記念優勝馬。重賞を3勝している実力馬ではあるが血統的に早熟系の可能性は否めない。馬体重の増減が激しい馬で軸馬としては狙いにくい。 【シルポート】 読売マイラーズCの勝利以後勝ち星から遠ざかっているが、1発大穴で狙うなこの馬だろう。スローで逃げることが出来れば可能性がある。 【マカニビスティー】 日経新春杯3着。距離不足が懸念され人気薄になるかもしれないが芝・ダートで走れる馬は潜在能力が高い。 【3連単6点勝負のトップページへ】

続きを読む

【中山記念 2012 有力本命馬データ分析】

【中山記念2012 中山1800M 芝・右】 【中山記念2012有力本命馬データ分析】 〖中山記念過去5年3連単配当〗 2011年3連単配当   4210円   2010年3連単配当53万4940円 2009年3連単配当 1万3200円  2008年3連単配当 2万6150円 2007年3連単配当 5万5110円 【中山記念 2012 有力本命馬情報】 【エイシンアポロン】 マイルチャンピオンシップを好位から抜け出し優勝。先行力と決め手があるので有力だが、58キロの斤量はやや懸念される。 【トゥザグローリー】 日経新春杯を中団から最速上がり34秒3で差して勝利。実力は上位だが、距離短縮の1800Mに出走する意図に懸念が残る。 【フェデラリスト】 中山金杯を4コーナーを4着まで追いこんで直線34秒1の上がりで差し切り優勝した潜在能力は高い。中山記念は内枠が断然有利、内枠を引くことが出来れば有力になる。中山コース2勝も好材料。 【リアルインパクト】 昨年の安田記念優勝馬。長くいい脚を使えるが決め手に欠けるので先行馬有利の中山コースは合うだろう。馬体重の増減が大きい馬なので当日の馬体重には注意が必要になる。 【ダイワファルコン】 中山金杯は優勝馬と同タイムの2着。中山コース優勝5回、2着2回の中山巧者。中山記念はコース適正、距離適性が高い馬が好成績を残している。 【中山記念最有力本命馬】⇒ 結果優勝:3番人気【フェデ…

続きを読む