【マイラーズカップ大物穴馬公開】

第42回 読売マイラーズカップ(GII)

1600m 芝・右 外

読売マイラーズカップデータ分析から大物穴馬をピックアップ 


【重賞勝馬が優勢】 
連対馬20頭中、14頭が重賞を勝利。残る6頭中3頭はGI3着以内の実績がある。G1クラスのメンバーが結集するレースだけに、実績のある馬を中心としたい。

【マイル以上の実績】  
19頭中8頭はに芝のマイル重賞を勝利。11頭は芝のマイル戦実績をの残していた。また、2000M以上の重賞で実績がある馬も好走しているので、注意が必要で、ここに穴馬がいる可能性が高い!

【前走レース】  
中山記念組が8連対で優勢。その他は、さまざまで的は絞りにくい。着順は14頭が5着以内で、2けた着順からの巻き返しも5頭おり、大敗した馬も軽視できない。大敗からの巻き返しも十分ありえるので注意が必要!

【牝馬が好走】 
牝馬はの連対率は18.8%。、マイル適性の高い牝馬が参戦してくるので注目したい。


【アパパネ】  
★本命馬期待度95%★  
昨年に牝馬三冠。エリザベス女王杯で3着に敗れたあと放牧に出された。先週水曜は51秒8を楽々と出し、栗東へ出発する前日も52秒2-12秒4で調子が上がってきている。今回は、10日には栗東入り万全の体制で挑む。

【ダノンヨーヨー】  
★本命馬期待度95%★  
昨年のマイルチャンピオンシップ2着。前走の東京新聞杯は後方追走から馬群の大外を追い上げたものの差し届かず、7着に。しかし上がりタイムは最速33.2秒の豪脚をみせた。叩き2走目で実力を発揮するだろう。有力馬だ!

【スマイルジャック】     
★本命馬期待度93%★    
前走東京新聞杯制覇。一昨年このレース3着、昨年が5着と好走している。馬体が充実今がチャンス。1週前追い切りは南Wコースでしっかり追われ、6F81秒2~1F13秒2をマーク。順調な仕上がり。

【リーチザクラウン】  
★本命馬期待度90%★    
昨年の覇者。前走の中山記念で4コーナー後方10番手から3着に追い上げた。上がり34秒0は、勝ち馬のヴィクトワールピサと0.1秒差は優秀なタイム。掛かっていた以前とは別馬のようになり、控える競馬がすっかりと板につき脚質にも幅が出てきた。マイル適正能力は高い。1週前追い切りでは、栗東坂路で一杯に追われ、4F51.5秒。最後まで力強い走りで上昇気配が漂う。

【ショウリュウムーン】   
★大物穴馬期待度90%★    
京都牝馬Sで上がり33秒3の豪脚使い制覇。実力上位で、このメンバーでは人気にならないので狙いたい馬。今回と同じ阪神・外回りコースの芝1600Mのチューリップ賞で、2歳女王のアパパネに勝利した実績は本物だ。有力穴馬。

【ゴールスキー】  
★大物穴馬期待度80%★  
東京新聞杯3着。中山のマイルは1番あっている。阪神のまいるでは評価を下げ3着まで。7日の1週前追い切りでは余力たっぷりに5ハロン65秒0をマークし、3頭併せで最先着を果たした。
馬体は充実している。

【ガルボ】  
★大物穴馬期待度90%★   
富士S3着、阪神C4着、京都金杯と阪急杯がともに2着と、安定した走りをしている。G3では好走するが、G2の厳しい流れのレースでは着まで。

【フラガラッハ】  
★大物穴馬期待度90%★     
前走阪急杯で3着。先行有利の開幕週馬場で大外を回り、勝ち馬サンカルロ同じ、上がり33.7の末脚はメンバー中最速。穴馬期待度は高い。




人気ブログランキングへ


"【マイラーズカップ大物穴馬公開】" へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:[必須入力]
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。