(京都大賞典2016)3連単のヒモ穴馬リスト

京都大賞典2016 京都2400M 芝・右 外】

京都大賞典2016 有力穴馬情報】

(京都大賞典)3連単のヒモ穴馬リスト

【アドマイヤデウス】
アドマイヤドン産駒。母の父サンデーサイレンス。
昨年に日経新春杯、日経賞を連勝。骨折で長期休養に入る。今年は京都記念と阪神大賞典で3着に入賞して力が衰えていないことを示した。芝2400mと芝2500mのG2で2勝を挙げている。京都大賞典への距離適性が高く着の可能性は十分ある。

【タマモベストプレイ】
フジキセキ産駒。母の父ノーザンテースト。
今年はメトロポリタンS(芝2400m)2着、丹頂S(芝2600m)2着。2500m前後の距離への高い適正がある。一昨年の京都大賞典で2着、持ち味の先行力を生かせる開幕週、前が止まらない馬場は大きなプラ材料。京都コースは3勝・2着1回、3着1回、複勝率62%。

【ヒットザターゲット】
キングカメハメハ産駒。母の父タマモクロス。
2013年京都大賞典の優勝馬。8歳になるが衰えは見られなく、瞬発力も健在だ。今年は目黒記念3着、宝塚記念、札幌記念は力の要る馬場(稍重)で切れ味を生かせす敗退。良馬場限定の末脚勝負のタイプ、展開と馬場の影響を受けやすい難点はあるが、展開がはまったときに1発激走に注意。

【ファタモルガーナ】
ディープインパクト産駒。母の父 エリシオ。
3000m以上のマラソンレースで2着2回・2着2回、スタミナ勝負への適正が高い。約2年ぶりの2000m台のレースでスタミナを余すことが推測されるが、前半からなし崩しに脚を使うスタミナ消耗戦になれば強さを発揮できる。

【アクションスター】
アグネスタキオン産駒。母の父Loup Solitaire。
全3勝はすべて2000m以下で、2200m以上での複勝率は0%。オープン勝ちもなく強豪揃いのG2では流石に厳しく馬券に絡むことは難しい。




"(京都大賞典2016)3連単のヒモ穴馬リスト" へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:[必須入力]
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。