【菊花賞2019】コース適性

<菊花賞2019予想 京都芝3000m外回りコース> <菊花賞2019予想 コース適性情報> 【3カリボール】清滝特別(京都芝1800m外回り)をメンバー中最速上がり33秒9の末脚差し切り勝利。これで京都芝1800m外回りコースでは2戦2勝、外回りコースへの適性が高いことを示しました。下り坂から800mのロングスパートを2度経験して2度勝っている実績から同世代対決なら上位進出も可能かと思われます。 【5ワールドプレミア】神戸新聞杯は4角3番手からサートゥルナーリアと同じ32秒3の脚を使い3着。外を回って上がっていき、直線でも外から追い込んだことで距離的ロスが大きかったことが敗因であるこが推測されます。京都コースは3戦2勝・3着1回。距離は違いますが外回りコースで2勝を挙げています。下り坂から800mのロングスパートを2度経験して2度勝っている実績に注目です。距離適性は正直未知数ですが、京都外回りコースへの適性は抜群に高いです。 【7ヒシゲッコウ】2連勝で阿寒湖特別(札幌芝2600m) を後方から35秒8の脚で差し切りました。全4戦で上がり3Fはメンバー中最速の脚を使っています。折り合いに懸念なく決め手もある脚質は長距離適性が高い要因になっています。菊花賞で勝ち負けするには直線入り口では2・3番手まで追い上げておく必要があり、ここをどう克服するかが鍵になりそうです。スミヨンがテン乗りしますが、世界的な名手なら直線入り口までには順位を上げてくりことが容易に推測できます。 【8メロディーレーン…

続きを読む

【菊花賞2019】穴馬情報

👑G1菊花賞👑G1穴馬予想アンケートのご協力お願いします🙇‍♂️下記の馬以外と思われる方は馬名をツイート頂けたらリツイートします。よろしくお願いします。読者1万人3連単6点勝負無料メルマガhttps://t.co/RLy9fi39Eo#菊花賞— 【ヒシミラクル】 (@3rentan6ten) October 13, 2019 <菊花賞2019予想 京都芝3000m外回りコース> <菊花賞2019予想 有力穴馬情報> 【1ザダル】無傷3連勝でプリンシパルSを制しましたが、状態を考慮、馬へ無理な負担をかけないで成長を促して、クラシックは菊花賞へ目標を絞り込みました。セントライト記念3着は予定通り、マラソンレース菊花賞本番のために体力を温存できました。父トーセンラーはセントライト記念2着、菊花賞3着で、京都コースは4勝・2着4回・3着4回と抜群コース適性がありました。菊花賞大駆けの可能性を秘めていると思われます。 【8メロディーレーン】オルフェーヴル産駒で馬体重338キロの小柄な牝馬です。追加登録で菊花賞参戦を表明しました。オルフェーヴル産駒らしく9戦目で未勝利戦(阪神芝2400m)を勝ち、11戦目で1勝クラス(阪神芝2600m)を勝ち上がりました。実戦を使われるごとに心肺機能が強化されいます。芝2400m以上では3戦2勝・3着1回と抜群の長距離適性が認められます。1発大穴激走に期待したいところですが、338キロの軽い馬体重で前走から6キロ斤量は増えるのは、馬への負荷が一気に高まります。50…

続きを読む

【的中速報】

【10月13日京都7R3150円3連単6点的中】【10月14日東京7R1920円3連単6点的中】【10月15日東京8R210円3連複6点的中】

続きを読む

【菊花賞2019予想】有力馬情報

👑G1菊花賞👑G1勝ち馬予想アンケートのご協力お願いします🙇‍♂️皆さんの予想の参考になればと思い実施しています。その他の馬と思われる方は馬名をツイート頂けたらリツイートします。よろしくお願いします。読者1万人3連単6点勝負無料メルマガhttps://t.co/RLy9fi39Eo#菊花賞— 【ヒシミラクル】 (@3rentan6ten) October 13, 2019 <菊花賞2019予想 京都芝3000m外回りコース> <菊花賞2019予想 有力本命馬情報> 【5ワールドプレミア】前走の神戸新聞杯は1000m通過が1分3秒4の超スローペースでワールドプレミアには厳しい展開になりました。前に行った馬に有利な流れを後方2番手から上がり最速32秒3の猛烈な脚で3着まで追い込みました。全5戦で武豊騎手が手綱をとっています。神戸新聞杯は、本番菊花賞を想定して折り合いをつける競馬をワールドプレミアへ実戦を通して教えているように見えました。騎手の手腕が勝敗をわける菊花賞、武豊騎手マジックがみられるかもしれません。 【7ヒシゲッコウ】半兄にマイルCSを制覇したステルヴィオがいます。父は菊花賞馬キセキを輩出しているルーラーシップで血統的適性も高そうです。全4戦ですべて最速上がりの末脚を使っています。前走の阿寒湖特別(札幌芝2600m)を勝って2連勝中の上昇馬。阿寒湖特別は35秒8の上がりで6番手から一気に差しきりました。長く良い脚が使えて、操縦性が高いので長距離レースで優れた能力を発揮してくること…

続きを読む

菊花賞2019コース特性

👑G1菊花賞👑G1勝ち馬予想アンケートのご協力お願いします🙇‍♂️皆さんの予想の参考になればと思い実施しています。その他の馬と思われる方は馬名をツイート頂けたらリツイートします。よろしくお願いします。読者1万人3連単6点勝負無料メルマガhttps://t.co/RLy9fi39Eo#菊花賞— 【ヒシミラクル】 (@3rentan6ten) October 13, 2019 菊花賞コース特性(京都芝3000m外回りコース) 牡馬クラシックの最終戦。菊花賞は長距離戦なので走破時計にバラつきがあり、展開に左右されるレースで、良馬場で開催されれば、高速決着となる可能性を含んでいます。外回りコースを1周半するコース形態です。スタート地点は、3コーナー手前の登り坂。スタートしてすぐに右へ曲がるカーブがある。3~4コーナーは下り坂。ホームストレッチから1~2コーナーまでは平坦。各ゥ馬が仕掛けるのは2周目の3コーナー過ぎの坂の頂上付近からです。ゴールまでの800mを下り坂で一気にスピードアップして目一杯の追い比べとなります。長距離戦で脚を溜めておきたいことから平均的なラップとなり、上がりも速くなりやすい傾向があります。菊花賞は長距離線でスローペースになるイメージがありますが、ロスなく前目の内を位置取りたいので前半1200mあたりまでは平均ラップを刻みます。3コーナー手前までの1000mはペースが緩み、一息入ります。仕掛けどころの残り800mからスタミナ比べのロングスパートで気にペースアップします。馬場状態が良…

続きを読む